「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2008年 03月 ( 146 )   > この月の画像一覧

(2ページ) - MSN産経ニュース


2008.3.29 14:13

仮谷さんが突き落とされたJR岡山駅・山陽線下り2番ホーム 「誰でもよかった」。JR岡山駅のホームで岡山県職員、仮谷国明さん(38)同県倉敷市=が線路に突き落とされ死亡した事件で、岡山県警に殺人未遂の現行犯で逮捕された大阪府大東市の少年(18)はこう供述した。阪神大震災で被災し、小中学校ではいじめられ、高校では自分の実力以上の超難関大学を志望した少年。無差別殺人に及んだ少年の動機は一体何なのか。岡山県警は少年の心の闇の解明に全力を挙げている。 

小中時代はいじめられっ子

 「くさい」「デブ」。

 少年の一家は阪神大震災で被災し、兵庫県尼崎市から大阪府大東市に引っ越した。しかし、大柄だった少年は新しい環境になじめず、小中学校を通じて同級生からたびたびいじめを受けた。

 同級生たちは、体格はいいがおとなしい少年を“格上(かくうえ)狩り”と称していじめの標的にした。テレビゲームのキャラクターになぞらえ、「マスター」と呼んでからかった。体育の授業後、少年の汗のにおいを「くさい」などとはやしたてた。少年は時には、イスを投げつけられたりもしていた。

 「女子生徒にセクハラをした」。少年はそんな言いがかりをつけられ、体調を崩したこともあった。学校では1人でいることが多く、休み時間は読書をして過ごすことが多かったという。

 担任だった男性教諭は、少年について「目立たない存在だが、気持ちが優しかった」。同級生の一人は「自分から人に接するのが上手じゃなかった。だれにも相談できず、爆発して事件を起こしたのでは」と推測する。

現実離れの志望校

 少年は大阪府池田市内の高校に進学した。自宅から高校まで電車を乗り継いで約1時間半。遠方の学校を選んで通学する少年の姿は、まるでいじめを避けるかのようだった。高校時代は放送部に所属。始業式や終業式では放送機器の設置など裏方の準備に汗を流したが、1人でいることが多かったという。

 「東大に行く」

 学校関係者によると、少年は高校1年の時は東大農学部を志望。2年の時は京大医学部への進学を目指していた。成績はクラスの中で上位だったが、東大や京大にいけるほどの学力はなく、担任は保護者に対し「よく勉強を頑張っているので、地方の大学なら推薦できる。理想的な大学ばかり言わず、もう少し現実的に考えてほしい」とアドバイスしたという。

 しかし少年は聞き入れず、頑固な一面もあった。しかし高校3年の秋、家庭の経済的な理由などで大学進学は無理だと分かり、12月の期末試験では成績が少し下がった。その後は、「就職するために簿記の資格をとって、事務仕事をしたい。4月からは知り合いに頼んで、アルバイトをしながら金をためる」などと話していたという。

職探し難航でストレス?

 行く当ても確認せず家出し、電車に乗ってたどり着いたJR岡山駅ホーム。無言で仮谷さんに近づき、肩のあたりを両手で押した少年は、自宅の台所から持ち出した果物ナイフを所持していた。「人を刺そうと思って持っていた」。県警の調べに対し、淡々とした様子で供述した少年は、家出について「進学を希望したが、経済的な理由であきらめたことも理由の一つ。大阪を離れたかった」とも話したという。

 少年は「仕事をしながら来年の進学を目指したい」と周囲に打ち明けていたが、職探しが難航。約3カ月前、小中学校時代の同級生に「金が足りず大学に行けない。社会人になることを決め、就職活動をしているが仕事が見つからず難しい」と漏らしていた。少年は事件前日も就職活動をしており、心理的に追い詰められていた可能性もある。

 24日夜には一家で食事中、茨城県土浦市の8人殺傷事件がテレビのニュースで報じられた際、父親に「こんなことしたらあかんで」と言われ、「うん」と返答した少年。同級生らは「自分から危害を加えるようなタイプではなく、人に近づくのも苦手そうだった。今でも信じられない」と突然の凶行に首をかしげる。

 少年は、土浦市の8人殺傷事件に触発されたのであろうか。それとも就職活動が難航するなどさまざまなストレスが爆発したのであろうか。岡山県警は、犯行動機の解明を急いでいる。
[PR]
by miya-neta | 2008-03-29 14:13 | 教 育
中日新聞:社会(CHUNICHI Web)


2008年3月29日 07時51分

 子どもたちの間に広がる携帯電話やパソコンのインターネットを使った「ネットいじめ」に対応できる教員らを養成しようと「全国webカウンセリング協議会」(東京)が、4月から「アドバイザー資格」を認定する講座をスタートさせる。

 協議会はいじめ問題の相談を受ける特定非営利活動法人(NPO法人)などで構成。講座では、掲示板に中傷が書き込まれ、いじめの舞台になりやすい「学校裏サイト」や、簡単に自己紹介ができる一方で、友人になりすまし売春相手を募集しているよう装うケースもあるプロフィルサイト「プロフ」など、子どもたちが利用するネット世界の基礎知識を学習。

 その上で、子どもたちの間だけでアドレスが流通し、教員らは存在にさえ気付かないことが多い学校裏サイトについては「学校名の一部を『●』などの記号にして検索する」といった見つけ方を例示。掲示板に中傷を書き込まれた場合、サイト管理者に送る削除依頼メールの書き方など具体的な対処方法を伝授する。

 問い合わせは同協議会、電話03(3535)0511。

(共同)
[PR]
by miya-neta | 2008-03-29 07:51 | 教 育
毎日jp(毎日新聞)


人権侵犯:いじめ過去最多 07年扱いの事件で…法務省
 法務省は28日、全国の法務局などが07年中に扱った人権侵犯事件をまとめた。受理した2万1506件(前年比0.8%増)のうち学校でのいじめに関するものが2152件を占め、過去最多だった前年の973件を大幅に上回った。

 人権擁護局によると、いじめが増えたのは07年2月に専用相談電話「子どもの人権110番」をフリーダイヤル化するなど、いじめ問題の実態把握に努めた結果という。ほかに増加傾向だったのは、インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損418件(同48.2%増)、児童虐待600件(同12.4%増)など。

 各法務局がとった救済措置の具体的事例は▽福岡県筑前町の中2男子生徒がいじめを苦に自殺した問題で、当時の校長や1年時の担任に反省を促した(説示など)▽奈良県の医師宅で起きた放火殺人事件の加害少年の供述調書とされるものを引用し出版したとして、発行元の講談社と著者に対し、関係者への謝罪などを求めた(勧告)--など。【坂本高志】

毎日新聞 2008年3月28日 22時19分
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 22:19 | 教 育
Ameba News [アメーバニュース]


2008年3月28日 16時37分

ロックバンド「くるり」のボーカル・岸田繁(31)が過去のいじめを自身のブログで告白した。

 岸田は最近の物騒なニュース(恐らく荒川沖連続殺傷事件や岡山駅突き落とし事件)について「とても不気味。でも、もう不気味とか言うてられへんのはみんなわかってるはず。そういった事件が起こる背景にみんな気付いているのに、黙認」と書いている。

 岸田はこのような世の中を憂いているのだが、このように切実に感じるのには、過去の辛い経験も影響しているのかもしれない。岸田は20年前、中学受験のために通っていた学習塾で「オマエ死ねば」と言われ続けていたのだという。この言葉にとても傷ついた岸田は「この言葉は、いまだに胸の奥に残っている」と告白する。

 もちろん、いじめをするのは「人」ではあるが、岸田は「死ね」という最悪な言葉と同じような現象・モノが最近増殖していることも指摘する。「人件費削減や、いろんなモノゴトのマニュアルの徹底など、善かれと思ってやってることがどんどん裏目に出てる」、「最近の日本には、感じることの重要性をまるで無視したかのようなモノゴトに溢れている」とも語り、実に生きるのが難しい社会になっていることを実感しているようだ。

■関連リンク
2008年3月28日(金)(くるりon Web)
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 16:37 | 教 育
FujiSankei Business i. 総合


FujiSankei Business i. 2008/3/28

 福田康夫首相が27日、道路特定財源の一般財源化を表明したことに対し、経済界は「地方財政や国民生活の混乱を回避するための決断だ」(御手洗冨士夫・日本経団連会長)などと、一定の評価をしている。ただ、自動車や石油などの関係業界は、「受益者負担の原則に反する」と猛反発しており、道路整備の促進を名目にした暫定税率を維持したままでの、一般財源化をめぐり、改めて政府の説明責任が問われそうだ。

 御手洗会長は、27日発表したコメントで、「野党は真摯(しんし)に受け止め、年度内に税制関連法案の成立を図ってほしい」とし、政府との協議を求めた。また、日本商工会議所の岡村正会長もコメントを発表。「現下の政治情勢からやむを得ない」と理解を示しながらも、「十分な道路整備予算を確保した上で、地方幹線道路の早期整備が確実に実行されることを望む」と注文を付けた。

 これに対し、大手自動車メーカーの幹部は「到底納得できるものではない」と切り捨てた。

 自動車、石油業界はこれまで、一般財源化は利益を享受する人が税を負担するという「受益と負担」の観点から、「幅広い使途に使われる一般財源をドライバーだけが負担するのはおかしい」と主張。先月には、JAF(日本自動車連盟)や石油連盟などが反対の共同声明を発表したばかりだ。

 両業界は、小泉純一郎政権が一般財源化を打ち出した際にも猛反発。「一般財源化するなら道路整備を目的に高い税率を課している暫定税率は廃止するのが筋」などと主張し、署名集めなどのキャンペーンを展開してきた。

 福田政権では、「必要な道路は整備する」との名目で、特定財源のほとんどを道路整備に投入することになり、一般財源化は事実上骨抜きとなっていた。

 福田首相の決断をめぐっては、「ギリギリまで努力したことを示すためのポーズ」(政府関係者)との見方も出ている。ただ、会見では、民主党が応じない場合でも、方針を変えないと表明している。「4月末に関連法案を衆院で再可決し暫定税率を復活させるには、国民の理解を取り付ける必要がある」(同)のも確かで、道路整備計画の大幅な削減につながる可能性もある。

 ただ、「車の利用が多い地方は、都市圏に比べて4~5倍近く(特定財源を)負担している」(天坊昭彦・出光興産社長)との指摘は多い。自民党の道路族議員らの説得も含めて、一般財源化は一筋縄ではいきそうもない。
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 12:22 | 政 治
ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 法務省が28日に発表した2007年の「人権侵犯事件の状況」によると、全国の法務局などが新たに扱った人権侵犯事件計2万1506件(前年比0・8%増)のうち、学校でのいじめに関するものが過去最高の2152件(同121・2%増)になった。

 法務省が相談態勢を強化して、これまで表面化しなかった事例の発見に努めたことなどが要因と見られ、いじめ問題の根深さを改めて印象づけた。

 いじめに関する人権侵犯事件とは、いじめに対し、学校が不適切な対応をとった事案を指し、いじめの件数そのものではない。同省は昨年、子どもの人権問題に関する電話相談「子どもの人権110番」をフリーダイヤル化。全国の小中学生に悩み事などを書き込む「子どもの人権SOSミニレター」を配布するなど、実態の把握強化に取り組んだ。この結果、過去最高だった前年の2倍以上のいじめに関する人権侵犯事件を扱うことになった。

 一方、人権侵犯事件全体の内訳で最も多かったのが「暴行・虐待」で4937件(同4・7%減)。全体の23%を占めた。このうち女性、児童、高齢者、障害のある人が被害者となった割合は85・5%。児童虐待は600件で、前年より12・4%増加した。騒音など近所間のトラブルの「住居・生活の安全関係」が4120件(同2%減)、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)などの「強制・強要」が3947件(同25・7%減)だった。これらの人権侵犯事件のうち、インターネットを通じて引き起こされたものの総計は、過去最高の418件(同48・2%増)。

(2008年3月28日 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 09:35 | 教 育
毎日jp(毎日新聞)


 06年11月に本庄市立本庄東中3年の男子生徒(当時14歳)が元同級生から金銭を要求され、自殺した問題で、さいたま法務局人権擁護課が、再発防止と生徒への人権教育の充実を同中に求めていたことが27日分かった。人権侵犯調査を行った法務局は、いじめ(人権侵害)と自殺の因果関係に言及しなかったものの、金銭要求行為は人権侵害に当たるとして、学校が適切な処置を取らなかったと判断したとみられる。【浅野翔太郎】

 男子生徒は05年ごろから数回、元同級生(当時15歳)に金銭を要求されていた。06年11月6日に学年主任の教諭に相談したが、学校が元同級生に指導する前の同月12日、自宅納屋で首をつって自殺を図った。遺書はなかった。

 人権擁護課などによると、25日付で「いじめへの対応について」というA4判1枚の文書を校長に渡したという。いじめとの因果関係は不明だが、生徒の自殺を踏まえ、いじめ防止の取り組み強化と、生徒に対する人権教育の充実を教職員に求めたという。中野修一校長(58)は毎日新聞の取材に「引き続き、生徒に対する人権教育の充実を図るとともに、いじめ防止の取り組みを全校を挙げて推進したい」とコメントした。

 法務局は被害者本人や家族の相談、報道などを元に人権侵犯調査を行い、捜査機関への告発、該当機関への勧告や要請、啓発などを行う。男子生徒の自殺を巡っては、市教委は調査報告書で、いじめがあったことを認めたものの、自殺との因果関係は「不明」と結論。一方、県警は元同級生を恐喝未遂容疑でさいたま地検熊谷支部に書類送検し、さいたま家裁は保護観察処分とした。

毎日新聞 2008年3月28日 地方版
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 09:25 | 教 育
asahi.com:教育


2008年03月28日

 学校での「いじめ」への不適切な対応など、学校側に人権侵犯があったとして法務省が昨年1年間に救済手続きに乗り出した事例が前年比2.2倍の2152件にのぼったことが同省のまとめでわかった。5年前(546件)の約4倍で、ここ数年で急増している。

 救済手続きの事例としては、「娘がいじめを受けているのに、学校側が対応しない」という母親の申し立てに対し、大分地方法務局は、学校側と母親の話し合いの場を用意。福岡地方法務局では、いじめにより男子生徒が自殺した事件で、校長らに再発防止を要請した事例などがある。

 法務省は件数が増えた理由について、昨年から相談電話をフリーダイヤルにするなど対策を強化していることから、「被害者の声が届きやすくなった」とみている。
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 08:45 | 教 育
NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで


 福田康夫首相は27日午後、首相官邸で記者会見し、道路特定財源の2009年度からの全額一般財源化などを柱とした新提案を発表した。ガソリンにかかる揮発油税などの暫定税率の即時廃止には応じない考えも表明。民主党は受け入れに難色を示し、3月末の同税率の期限切れは避けられない情勢となった。一方、与党はオフショア市場への非課税措置などが失効する「道連れ増税」回避のため、期限を4月末まで延長する「つなぎ法案」の提出を野党に打診。ギリギリの調整が続いている。

 首相は記者会見で、道路特定財源について「今年の税制抜本改革時に廃止し、09年度から一般財源化する」と明言。10年間で59兆円に上る道路整備中期計画も、期間を現行の10年から5年に短縮したうえで見直すとした。(07:03)
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 07:03 | 政 治
MSN産経ニュース


2008.3.28 02:58

 兵庫県教委の「インターネット社会におけるいじめ問題研究会」(委員長、森田洋司・大阪樟蔭女子大学長)は26日、昨年行ったアンケート結果をもとにネットによるいじめや誹謗(ひぼう)中傷への対応策などをまとめた報告書を作成したと発表した。県内の国公私立小・中・高校、特別支援学校など全1493校に配布。これを教材とした生徒指導担当教員らが対象の研修会を5月から実施する。

 森田委員長は「保護者や地域への働きかけなどを含めた啓発資料の作成、提供は全国的にも早いのでは」と話している。

 報告書ではまず、ネットいじめが広範囲に広がり、情報発信者が特定できにくく、24時間いじめを受ける可能性があると指摘。早期発見と未然防止、保護者との連携が課題とした。

 ブログや掲示板などに誹謗中傷を書き込まれた場合の対応策として、管理者やプロバイダーに書き込み削除を依頼する一方、書き込んだ人の特定や被害を受けた子供のケアなどを挙げ、具体的な削除方法も明記した。

 未然防止策では、人間的なふれあいなどを通じた教育活動の充実や学校一体となった体制づくりに加え、小学校段階からの発達に応じたモラルやマナーの育成、ロールプレイングや疑似体験による相談の重要性の指導などを挙げている。

 報告書は約5000部作成。各校に2~3冊ずつ配り、地区別生徒指導研究協議会や県立高等学校生徒指導部長会などで研修会を行う材料にしてもらう考え。

 また、NPOに委託し、削除方法などネット対応の専門家を配置する「ネットいじめ相談窓口」を早ければ4月末にも開設する。
[PR]
by miya-neta | 2008-03-28 02:58 | 教 育