「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

大阪府教委:他府県の現職教員採用を継続

MSN-Mainichi INTERACTIVE 教育ニュース


 大阪府教委は7日、他府県に勤務する現職教員の今年度の特別採用枠を最高135人とすると発表した。竹内脩教育長自ら登場するPRビデオを約90万円かけて作成し、東京都内でも初めて受験説明会を開催するなど、「熱中先生」の争奪戦に躍起だ。

 特別採用枠は03年度に開始。今年度は、▽小中学校約100人▽高校約20人▽養護学校などで約15人--を予定している。スタート時、近畿5府県の教育委員会が連名で再考を求める文書を出すなど波紋を広げたが、府教委は「事前に根回ししており、不満の声はなくなった」としている。

 また、間もなく団塊の世代がまとまって定年退職し、少人数学級も本格導入されることから、全体の採用予定者は過去20年間で最高の2300人と全国最大規模になる。合格者が大学院進学のために辞退した場合、大学院修了を待って面接と小論文テストを行う特別選考制度も初めて導入する。

 受験願書配布と出願受け付けは8日~5月6日。願書はホームページ(http://www.pref.osaka.jp/kyoshokuin/kyosai/index.html)からもダウンロードできる。問い合わせは府教委(06・6944・6895)。【中尾卓英】

毎日新聞 2005年4月8日 0時11分
[PR]
by miya-neta | 2005-04-08 08:43 | 教 育