「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

07年退職問題:企業の3分の1が技能など継承に危機感

話題:MSN毎日インタラクティブ


 団塊の世代が大量退職を迎える07年問題で、企業の33.7%が技能やノウハウの継承に危機感を持っていることが厚生労働省の調査で分かった。前年度調査の約1.5倍に上る。一方で、対策として雇用延長や中途採用を挙げる企業が多く、実際に若年層への技能伝承に取り組む企業は少数派だった。

 調査は全国の約1万社を対象に実施し、約1500社から回答を得た。それによると、団塊の世代が従業員に占める割合は平均7.6%。運輸業(11.3%)や建設業(10.5%)、製造業(8.4%)などの比率が高かった。危機感の理由は「意欲のある若年、中堅層の確保が困難」が64.4%と最多で、「技能伝承が円滑に進まない」(58%)などが続いた。

 一方で07年問題への対策では、「団塊の再雇用」(33.8%)や「中途採用を増やす」(28%)が多く、「若年、中堅層への技能伝承」は9%にとどまった。【東海林智】

毎日新聞 2006年6月16日 12時20分
[PR]
by miya-neta | 2006-06-16 12:20 | 経 済