「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

日産、“ディズニー”スポンサー撤退 トヨタ・ホンダ後継争い

ビジネスニュース:イザ!


2006/09/13 09:46

 日産自動車が、人気テーマパーク「東京ディズニーランド」(TDL、千葉県浦安市)と「東京ディズニーシー」(TDS、同)の公式スポンサーから今月に入り撤退したことが、12日明らかになった。後継にはホンダやトヨタ自動車などの企業名が挙がっている。

 日産は、TDLのアトラクション「スプラッシュマウンテン」(オープンは1992年)と、TDSの「ビッグシティ・ヴィークル」(同2001年)の公式スポンサーとして名を連ねていたが、それぞれ10年、5年の契約期限が9月で満了。年1億円以上のスポンサー料に見合うだけの成果が得られないと判断し、契約更新を取りやめた。同テーマパークで公式スポンサーが撤退、入れ替わるのは珍しいという。

 同テーマパークを運営するオリエンタルランドでは、公式スポンサーを基本的に1業種1社としており、後継スポンサーは同業のホンダやトヨタが有力。
 ホンダは昨年1月に米カリフォルニア州の「ディズニーリゾート」と業務提携、今年7月には香港ディズニーランドの電動カート型アトラクション「オートピア」の公式スポンサーとなっている。トヨタは大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」の冠スポンサーを務める。

 ホンダ、トヨタとも欧米中心に海外販売は好調だが、国内販売は頭打ち傾向が続いており、国内販売の活性化のため、幅広い層の人気を集めるディズニーにあやかったPR活動を進めたいとの思惑がある。日産撤退で空白となった「夢の空間」の公式スポンサー権をめぐる争奪戦がヒートアップしそうだ。

<ビジネスアイ>
[PR]
by miya-neta | 2006-09-13 09:46 | 経 済